イタリアで生きのびる!過食?発達障害的?エンパス?なワタシ。。

会社員のお仕事、イタリアでがんばってきたけど、コミュニケーションが大の苦手なワタシには会社員なんて合ってない。。今まで試して来た色々なヒーリングや、 自分大好きイタリア人、 イタリア人の夫との話などカキカキする予定。
0

イタリアに住むようになって変わった食習慣

イタリアネタです。

イタリアに住むようになって、食べる物がちょっと変化しました。
小さなことですが書いてみます。

まず、緑茶にショウガを入れて飲むようになった。

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

?ってなったかな。予想ときっと違いますよね。。

オットはワタシが紅茶にショウガのすりおろしを入れているのを見て、
緑茶に入れたんです。それが美味しかった。。
緑茶はイタリア文化にないので、彼は自由な発想でアレンジしたんですね。
それは、日本人のワタシには思いつかなかった。
つまりショウガ入り緑茶は異文化交流の結果なんです!

で、ショウガを色々な物に入れていいと学習したワタシは、
トマトソースでも野菜のパスタでも、イタリア料理にいろいろ入れてます。
アクセントになっておいしいですよ!

ハーブつながりで行くと、ネギ。
日本と同じようなネギがあるんですが、イタリア人はそれを小さく切って
サラダに入れて食べます。それがおいしい!
もちろん豆腐と食べるのが一番おいしいと思いますが、
豆腐が簡単に手に入らないワタシはサラダで我慢してます。。

南イタリア出身のオットに取ってネギとショウガに当たる、
基本的な香辛料は、ニンニク、唐辛子、オレガノかなあ。。
南イタリアの片田舎に住む、義母が作る料理にはニンニクとオレガノはほぼ100パーセント入ってます。
彼女はトマトを隠し味みたいな感じで結構いれますが、あとオリーブオイルをドボドボと。

日本は醤油と味噌、塩のほかにマヨネーズ、ソース、各国の調味料を使って
味付けするけど、義母の料理はいつも上のものだけで味付け、場合によって
すりおろしたチーズとミントやバジルなんかのハーブが加わります。

どれも素朴ですが、野菜は近所の人からもらったもの、お肉も半分は
農家から買ってるような感じなんで、おいしいです。

オリーブオイルたっぷりでもピュア、と感じます。
化学調味料が入ってないからなんか、さっぱりしてるんです。
もちろん空気がおいしいせいもあるでしょう。

書いていて思いましたが、義母の食事はエネルギーが高い???
電子レンジで調理すると、身体を維持するためのカロリーとしてはOKだけど、
食べ物のもっているエネルギー、パワーは失われるというのを
聞いたことがあります。

義母は新鮮な物をシンプルに調理して、家もシンプルで義母の素朴な人で。。。

義母は生まれながらに弱視で、家の中、地域の中で完結している
ところがあるんですが、でも情報に触れてないことから来る強さがありますね。

それに比べて働いているワタシの母はいわゆる、現代東京の女性で
流行も知ってるけど、ちょっと薄っぺらくて弱いかもしれません。

公園の木

なんか話がずれてきましたが、オシマイ。














スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。