イタリアで生きのびる!過食?発達障害的?エンパス?なワタシ。。

会社員のお仕事、イタリアでがんばってきたけど、コミュニケーションが大の苦手なワタシには会社員なんて合ってない。。今まで試して来た色々なヒーリングや、 自分大好きイタリア人、 イタリア人の夫との話などカキカキする予定。
0

心よ!/大嶋信頼さんの本



前回、エンパス3/大嶋信頼さんの本で紹介した大嶋さんは

「心よ」とただ呼びかけるだけで、自分のなかにある本来の自分、
無の集合体、すべてのつながり、「空」につながることができる、とおっしゃっています。

で、もちろんワタクシも試しているけど、なかなかピンとこない。

「心よ、そこにいますか?」

元気に「はい!」と返事。

心とワタシの間に邪魔はありますか?
はい

邪魔を取り除いて下さい、とお願いする。

邪魔はありますか?
はい

5回くらい邪魔を取り除いてとお願いしても、心とつながった感じは全然しない。

シーンシーンシーン

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ああ、やっぱりワタシ今までずっと外ばっかり向いてたからダメなんだ。

レイキ、マトリックスエナジー、キネシ、シータヒーリングなど試したヒーリングはたくさんある。
ワタシは買ったばかりの洋服を1度も着ないですぐタンスに仕舞い込んでいる買い物依存の人たちと同じ。

人生に意味のないことなどないと言うけれど
服の山に意味がないのと同じで、身に付いていないセラピーにも意味がない。
やってる瞬間だけわくわくして、「治った」気になってあとは使い捨て。
ワタシは自分と向き合わないで逃げてばっかり。

などと分析して自分を責めていたら、なんと、心から(どこから?)猛反撃の声がした!


いや、あなたは今まで一生懸命やってきた。
ほら、あの時だって、この時だって、ちゃんとやってきたじゃん!

25歳のときに一人でアラスカを旅行して(なんせ快楽系じゃなくて修行系なんで)、
ぜんぜん楽しめなくて、最後は隣の部屋から、
大量のビール瓶を捨てる音が聞こえるような安宿で、熱がでて、
ワタシは決心して母に手紙を書いた。

今まで、人生楽しいって思ったことなんかない、
これからは好きなように生きるから見守って下さい。

ちゃんとあなたは投函したじゃない!

そうだ、どんだけ勇気がいったか。。。

日本に帰ってから、摂食障害の自助グループに入って
片道1時間かけてミーティングにしょっちゅう通ってそのたびに
自分のこと話して、それを何年も続けたでしょ!

それから畦倉さんのセラピーも一年受けて、
インナーチャイルドはずいぶん整理したじゃん!!



辛かったこと、やって来たことがほかにも思い出されていっぱい泣いてしまった。

この猛反撃の声はどこから来たのか。。
それにしても、ありがとうーーーー! 。゚(゚´Д`゚)゚。


エーデルワイス
野生のエーデルワイスの花。疲れて腰を下ろした場所にふと見つけた。

スポンサーサイト
0

エンパス3/大嶋信頼さんの本


フィボナッチヒーリングのえりこさんがこのブログを紹介してくれましたが、
(ありがとうございます!)そこで触れられている大嶋信頼さんの本についてのワタシの体験を書きたい。
本を読んでない人にはおもしろくないかも知れません。。

えりこさんに2回目のフィボナッチヒーリングを受けた時も、色々な人の考えで
頭の中が一杯で重たい感じがしますね、と言われて

(;゜0゜)

エンパス対策をあれこれ試している最中で効果も感じられていたのに、まだダメかーってがっくりして
いよいよ、「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法を読んだ。

本によると、自分に対する否定的な考えはすべて他人の脳から伝わって来る暗示で
本当の自分のものではない、とのこと。

NYののりこさんに、私が赤ちゃんだったとき、母のネガティブな考え方や人生観
を吸収しまくり、それは私の基本情報として脳にインプットされている、みたいなことを
言われたが(もしかして解釈が間違ってるかも知れないが)、まさにその通り。。
そして、エンパス体質で他人の考えや感情で頭がいっぱいっていう指摘された状況に
ぴったり。。

こりゃオモシロイと思って、紹介されている、暗示から自由になる方法を
色々やってみた。

基本的に生きてて楽しいという感覚はなくて、
なんで生きているかわからないけど、今日も明日もとりあえず生きるという感覚が、
私の通低音なんだけど、この鬱感覚も他人からの暗示なんだわっ!!
って力んで、本に紹介されている暗示を唱えるみたいな。。

で、ある日、Ipodでたまたま暗い音楽を聴きながら散歩していたら、

泣きたいんだわ。悲しいんだ。

っていう感覚が降りてきて、悲しみをジワーっと感じました。。

あ、自分の感覚をないがしろにしている!って
気づきました。。

そう、ネガティブな感情は他人からきたもの、とすると
つらいことやイヤなことがあった時、悲しみや怒りがあるのは当然なのに、
それを全部なかったことにしてしまう、まちがったポジティブ思考みたいになってた。

大嶋さんは、悲しみについて他人からの暗示や支配、とは言ってないので私が間違って試してたと思う。
何が本来の自分のもので、何が他人からきた暗示か、区別するのが大切ってことかなあ。。


えりこさんは、
何かのセッションで聞いた情報よりも、自分の心の声、ですよ!!!
ただでさえ、他人の声でいっぱいになっているのが、エンパス体質の人たちなんですから・・・・・・
と書いてらっしゃいますが、ほんとにそうなんですよ。

といってもワタシはまだまだ外に解決を見つけようとしてしまう。。
大嶋本にあるいろいろな催眠を利用した呪文を、おもに通勤のときに
ぶつぶつ唱えてますが、下手をすると頑張りすぎて頭が一杯になってうるさい!
みたいになるときがあって、おばかさん。。。

で、大嶋さんは「心よ」と呼びかけることによって自分のなかにある、本来の自分というか
無の集合体、すべてのつながり、「空」につながることができる、とおっしゃっていますが、
これが結局一番大切なのかもしれない。

でも「心よ」と呼びかけるのは、余裕がないとやる気がしない。。。
なので、今のところ週末の、公園でのストレッチ後くらいかな。

それから面白いと思ったのは、否定的なことを考えるとますます
まわりの否定的な考え方とアクセスが強くなり、ドバーッとマイナスの考えや
感情が流れて来るってこと。
これはいわゆる「引き寄せ」にも似ていると思った。

引き寄せの法則では、私たちの感情は、現実を創造する最大のエネルギーで、
発する感情と同じ波動を持つ物事を引き寄せる、と考える。

私の好きなhappyさんというブロガーは
毎日5分でいいから自分を大切にして、その時間だけは最高に心地よい気分にひたることから始めて、
今は本を出したり大活躍されてますが、これも大嶋流ミラーニューロンの
理論で説明できるのではないか???
5分間の天国作り

大嶋さんの本をもっと読みたいんけど、海外在住者は基本的に日本の電子書籍購入者と見なされてないので、
無料の、本の読み込みアプリもダウンロードできない。。

この本だけがアプリがなくても読める簡易版があったので読めたけど、
残りは年末日本に帰るまではおあずけ。

えりこさんはブログで、大嶋本がとにかく役に立ったと書いてらっしゃるが、
どんな風に活用されたのか、今度ブログで紹介してください!!

このブログは薦めてるのかそうじゃないのか、よくわからない内容になってしまったが、
大嶋さんのブログは愛とユーモアに溢れて大好き!
おまけに何でも太っ腹に公開するところも、さすが次世代を背負っていくにふさわしい!
あっぱれ、と思っています。

04-luminarie-roma-2013-arcobaleno-a-via-del-corso.jpg
イタリアのイルミネーションは日本のよりかなりささやかですが、
疲れた仕事帰り、慰められます。。








0

エンパス体質

久しぶりにヒーリングを受けた。
今回はえりこさんのフィボナッチ。
やっぱり、結婚も仕事もまあまあ上手く行ってるのにシアワセ感がないのを
どうにかしたい。

仕事はもちろん辞めたい、いつか辞めてやるって思ってるけど何とかこなしていて、
今は週に一度は半休生活という快挙を成し遂げてるのに、まだシアワセを感じられない。。

「生きていたくない」という感覚はもうないんだけど。

神様が何か一つだけ願いを叶えてくれるとして、
欲しいものは、シアワセを感じる能力!

ここのところカラダや感覚を意識する、子宮に意識を向ける、子宮をカイロで暖めるとか
やってるけど、それ以上はどうやったらいいのか思いつかなかったのでヒーリングを受けることにした。

私はエネルギーをまったく感じないので、セッション中に何も感じたり見えたりしないんだけど。。。

セッションが終わってから、えり子さんには、人からの影響を受けやすいことで、
シアワセを感じることを妨げていると言われて、ちょっとショックだった。

最後にアトピーで顔がひどく腫れたのも、オットの従姉妹とその娘とほんの数分話して
エネルギーの影響が受けたのが原因だったけど、その時はおさむさんにヒーリングしてもらえば
いいやって深く考えなかった。
でもよく考えたら、アトピー体質と同じくらいか、もっとエンパス体質って問題。。
どうつきあっていくか。。わかりましぇーん。。

こどもの頃から唯一、本当に心を許せるのは「木」とか思ってたけど、
やっぱりエンパス体質から来るのね。

週に一度はかならず近所の緑一杯の公園を走ってそのあと、色々ストレッチすると
すっきりした気分になるけど、私には本当に必要なんだろうなあ。



0

「生きていたくない」から「生きてみてもいいかも」へ。。。

生きていたくない。
生きる意欲がわかない。生きていても楽しくない。
ただしんどくて、だからといって「死んで」現状を終わらせるなんて
思いもしない。そんな積極性はない。
ずーっとあった、この感覚に気づいたのはたった2年位前。
二子渉さんの死と再生のワークを受けた時だ。

ネイティブインディアンのシェルター、「デブリハット」という小枝でできたテントみたいなもの
を森の中に作って、実際に生前葬を行い、そのあとシェルターに入ってから(死)、
出て来る(再生)のだけれど、再生したいとは全く思わなかった。
かといっていつまでも中にいるわけにもいかず、仕方なく出た時はとても悲しくて
泣いた。
そして森の木々は、死ぬ前の最後の瞬間も、生まれ変わったときにも最初に目に入って来て、
優しく私を見守ってくれていた。
「樹」は人と関われなかった自分の、唯一の友達だとあらためて強く感じた。

ワークが終わっても、再生したくない自分について色々考えていたら、
初めて「生きていたくない」という感覚に気がついて、びっくりした。

そのあとも、IHとフィボナッチヒーリングやその他ヒーリングを受け続けて2年が経ち、
やっと、生きていればこれからいい現実に変えていけるかも、
今死ぬのはもったいないって思えた。
セッションを受けて1ヶ月がたつがまだこの感覚は失っていない。

ようやく、基本的な価値観が「生きたい」っていう人たちと同じレベルに立って
悩むことができるような感じ。
だって自分に基礎力がないと、本読んだりするくらいで、悩みを解決したり、
生き方を変えるなんて到底無理。
でも今は、昔のアニメの超合金マジンガーゼット?みたいな服を身につけていて、
一人でも立ち向かってみよう、よっしゃ、ファイト!みたいな感覚が生まれている。

アルトアディジェ
私にとって、山は「彼方にある存在」「絶対的な美しさ」の象徴、永遠の憧れ。。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。