イタリアで生きのびる!過食?発達障害的?エンパス?なワタシ。。

会社員のお仕事、イタリアでがんばってきたけど、コミュニケーションが大の苦手なワタシには会社員なんて合ってない。。今まで試して来た色々なヒーリングや、 自分大好きイタリア人、 イタリア人の夫との話などカキカキする予定。
0

エンパス体質

久しぶりにヒーリングを受けた。
今回はえりこさんのフィボナッチ。
やっぱり、結婚も仕事もまあまあ上手く行ってるのにシアワセ感がないのを
どうにかしたい。

仕事はもちろん辞めたい、いつか辞めてやるって思ってるけど何とかこなしていて、
今は週に一度は半休生活という快挙を成し遂げてるのに、まだシアワセを感じられない。。

「生きていたくない」という感覚はもうないんだけど。

神様が何か一つだけ願いを叶えてくれるとして、
欲しいものは、シアワセを感じる能力!

ここのところカラダや感覚を意識する、子宮に意識を向ける、子宮をカイロで暖めるとか
やってるけど、それ以上はどうやったらいいのか思いつかなかったのでヒーリングを受けることにした。

私はエネルギーをまったく感じないので、セッション中に何も感じたり見えたりしないんだけど。。。

セッションが終わってから、えり子さんには、人からの影響を受けやすいことで、
シアワセを感じることを妨げていると言われて、ちょっとショックだった。

最後にアトピーで顔がひどく腫れたのも、オットの従姉妹とその娘とほんの数分話して
エネルギーの影響が受けたのが原因だったけど、その時はおさむさんにヒーリングしてもらえば
いいやって深く考えなかった。
でもよく考えたら、アトピー体質と同じくらいか、もっとエンパス体質って問題。。
どうつきあっていくか。。わかりましぇーん。。

こどもの頃から唯一、本当に心を許せるのは「木」とか思ってたけど、
やっぱりエンパス体質から来るのね。

週に一度はかならず近所の緑一杯の公園を走ってそのあと、色々ストレッチすると
すっきりした気分になるけど、私には本当に必要なんだろうなあ。



スポンサーサイト
0

どうせなら、そっちのほうがよくない?

さっき書いたブログで、私は今回の人生で私を体験するために生まれて来た。
だから自分らしく、魂が喜ぶように生きることが大切なんだ、と書いた、けど。

なんか、あきらめが入っていたかも。

私はあんな風に可愛くなれない。
私はあんな風にキラキラできない。
私はあんな風に出世できない(子宮委員長はるちゃんとかを出世した偉い人って思ってるらしい。。)。

頑張ればなんとかなる、ブスは努力でカバー、何でも努力でやっと人並みになる、あと一歩な私、
それが私らしさ!みたいな。。

どうせなら、
もっと可愛くキラキラ、人生ラクして、思ったことははっきり言う、
優しいフリ、良い子ぶりっこはしない人生、
そっちの方がよくない??

ってところがまだ腑に落ちていないことが、おやまえみさんのブログ
読んでてわかった。。。

うう、今日は遅いからもう寝る。。




0

僕が守ってあげるから心配しないで

タイトルの台詞は、イタリア人のあるおじさんに完璧な日本語で言われました。
日本人観光客相手に仕事をしていて、まあ頼りになるおっちゃんです。

二人で日本人のお客さんを待っているあいだ、暇つぶしにコロッセオの前で並んで座ってました。
なぜ彼がこうつぶやいたとのか、今はもう覚えていません。
ただ、日本語を自慢したかったんじゃないかなあ。

唐突に僕が守ってあげるから心配しないで、と私に言いました。
キメの台詞です。

日本語は「テンジョーインさん」「こっちこっち」とかしか言えない彼ですが、
日本人が焦ってパニックになったときとかに言うんでしょうね。

私も彼のことは信頼していたし、運良く困った機会はありませんでしたが、
こう言われればきっと大丈夫と思ったことでしょう。

あれから何年も経ちますが、今はオフィスで仕事をしていて現場にいないため、
現場で問題があっても電話で先方にお願いすることしかできません。
なだめたり、持ち上げたり、もう色々な方法でお願いしたあと、
「僕・私がやるから心配しないで」と言われて何度ホッとしてきたことか。。。
トラブルが多いのも南イタリア、コネや電話一本でお願いして解決するも南イタリアです。

そして今、 
大丈夫、心配しないで、起こるすべてがきっといいこと
大丈夫、判断しないでその出来事、起こったすべてがきっと良いこと
 byみつろう

と自分を批判したり、断罪したくなったとき、自分で自分に言う努力をしています。

親からはこういう安心感はもらえなかった。

この台詞を言うとき、イメージするのはこのイタリアのおっちゃんの声。
いい加減だけど、決めるときは決める人たちです。

オットの声じゃないんですけど。。
でもオットも含めて困ったとき、守ってくれるのはイタリア人の男性の方が多いんじゃないかなあ。。
日本人の男は仕事の方が大切なような。。

話が他人にそれてしまいましたが、少しずつ自己批判をしなくなってきた!\(^o^)/

以下は藤本さきこさんのブログの抜粋ですが、

今ではない
自分になろうとする

のは、いつまでも絶対になれないし、
苦しさ満載になっちゃうんです。

なぜなら、

今存在する自分しか
未来にも存在しないから。

今の自分を無いことにしたら、
未来にも絶対に存在しないから。

だって
常に「今」だから
今を否定しちゃったら、どこまで行っても自分は無いの

これが、ようやくちょっと分って来た。だから今の自分を責めないことがとても大切。。
ここまでくるのに、何年かかったかなあ。ある意味、生まれてからずっとかなあ。

でも今回の人生はワタシになりたかった。ワタシの人生を体験したかったんだよね。
キレイで可愛い誰か、親から愛されてシアワセ一杯に育って来た誰か、
笑顔で一杯の人生には興味なかったんだよね。
まあ私の人生も本で読むなら楽しいだろうしネ。

ワタシだけの人生を思いっきり味わうのが一番じゅうよう!!







0

太っていてもキレイ

あいかわらず過食は時々あるので、太り気味だ。

鏡を余り見ないようにして、見るときはお腹を思いっきり引っ込めて
できるだけ「キレイキレイ、まだいける」と思えるように努力と工夫(笑)をしている。

太っていても今までの中で一番キレイ、というのはあり得る、と思うようになった。
まず、よく言うように今日という日はこれからの人生で一番若い。
そして、ふっくらさんでもきれいな人、もてる人は一杯いるし。

午後仕事がなかった一昨日、思いっきり過食してしまったけど、
前からその日はオットとアモーレしようと言っていて(英語ではメイクラブといいますが
イタリア語でもまったく同じ。せくすしようとは言わない)、
お腹を見せるのは気が引けたけど、
性愛セラピストたなかみっちさん
思い浮かべてチャレンジしたら何の問題もなく、楽しくできた。
みっちさんは太めさんだけど、だんなさんと最高のアモーレをしている人みたい。
まだ、ブログ読む暇がないんだけど。

過食してもあまり気にしないで、キレイでいるために、マスカラを丁寧に塗るとか、
過食した次の日こそできるだけ華やかな色を着るとかが、
前よりできるようになって進化を感じる。

これもやっぱりIHヒーリングの効果だと思う。

0

イライラは身体ケアで、マシになる2

今日は生理2日目なので、まず、野村奈央さんの「冷えとり整体12ヶ月」の本にあるように
頭の後ろの首の付け根あたりの蒸しタオルを当てて、頭の緊張を取った(はず)。

美容院でもやってくれますよね。
ほんとにはーーって深い呼吸が自然に出て来る。

それから子宮あたりに手を当てて子宮を意識してると
自然に眠くなってお昼寝1時間。

お昼寝後はだいたい、落ち込みモードや過食モードになるので
昼寝はあまりしない方がいいんだけど、まあ許した。

で、クッキーをボリボリ3枚とチョコレートを食べながら
設定変更のさきこさんのブログを読む。
やっぱり裁縫をする気にはなれない。。

でも今日は本格過食モードには突入せずに気を取り直すことができたので、
ハッキンカイロを準備して、身体を温めながら読み続ける。
はあ、身体があったまるって気持ちいい!

して、さきこさんのこの文章が頭にすーっと入って来た。

どうせ無から生まれて無に戻るのだから
どう生きてもいい。どんなに迷惑をかけてもいい。
どんなにわがままと言われても関係ない。
私の人生は私の魂が無に戻るまで、思いっきり自分でいればいい。


私の現状
私は迷惑をかけるのが怖い。迷惑をかけている人を見ると腹が立つ。
私はわがままを言うことができない。わがままな人を見るとむかつく。


でも、何だか感動したので、身体でじーっと感じるためにお腹に意識を集中して
味わった。

そのまま自分の気持ちをじっくり感じてみると
やはり、現状の自分に

いらいら、歯がゆい。
どうしていいかわからない。

悲しい。 が出て来たので

EFT(エモーショナルフリータッピング:感情を味わう方法の一種)で
身体をタッピングしながら感情を味わったら
すっきりした!!

ブログもかけたし、今日はこれでサイコー

0

イライラはカラダケアでましになる

ここのところ、ブログを一切書けなかった。

自分の魂のやりたいこととして、裁縫が出てるとNYのおさむさんとのりこさんに
指摘されて、でもやろうと思うと、つい結果を出さないといけない、という思いで一杯になる。

こんなにせこせこ裁縫をしていても食べていける訳がない

どうしたらいいんだろう、と恐怖が湧いてくる。

恐怖レベル。
無理に決まってる。むりむりむり。
怖い。


とりあえず、ご自愛研究室の小原綾子さんや、設定変更のさきこさんのブログを読んで、
自分をもっと愛することができたら、きっと恐怖が収まって来て、
そしたら裁縫の方向に進もうと思ってたけど。。

やっぱりそういう自分にめちゃめちゃめちゃめちゃイライラ。
腹が立つ。


こんな合わない仕事にエネルギーを奪われていることに、恐怖を覚える。
もう、このままだめなんじゃないか。。
やりたくないことに、一生支配されておしまい。


でも裁縫をやることへの恐怖は消えなくて、とりあえず
3日前くらいからカラダのケアをもっとやることにした。

私はもともとアトピーと喘息持ちだから野口整体を25歳くらいの
ときから知っていて、この前ローマ日本人学校のバザーで、
たまたま野口整体の本を買ったので、本を読んで一からエクササイズをやり直し。

背骨を感じる、子宮を感じるなどなど。
ブログを読みまくるより、定時で退社して一日5分でもエクササイズをやる!

そうしたらちょっとイライラが減って来た。
過食モードもちょっと収まった。

1週間前の水曜日はお菓子の食べ過ぎで、翌日の夜まで胃が痛かったもんね。。






該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。