イタリアで生きのびる!過食?発達障害的?エンパス?なワタシ。。

会社員のお仕事、イタリアでがんばってきたけど、コミュニケーションが大の苦手なワタシには会社員なんて合ってない。。今まで試して来た色々なヒーリングや、 自分大好きイタリア人、 イタリア人の夫との話などカキカキする予定。
0


intension.jpg

INTENSION/意図

思慮深く、明確な意図は、
あなたの世界を変える力を持っています。


目標は、今こそ達成されるでしょう。
ひらめきを受けた意図は、
空に放たれた魔法の矢のようなものです。
宇宙はギフトをもたらし、
あなたが的を射たことを示しています。
全ての仕事を自分でする必要のないことを認識してください。
他の人が現実を共同創造するのを助けてくれるでしょう。
自分の意図の力とつながり、それを草原へと送り、
シンクロニシティ(意味ある共時性)が魔法を引き起こすのに委(ゆだ)ねます。
恐らく、他人の良い意図からひらめきを受けて、
あなたも自分の意図を送るでしょう。
生きたいと思う人生を自分のものとして意図的に曇りなく超然として生きてください。


誕生日を過ぎて最初の週末、今年一年の参考として
MAPオラクルカードを引いてみたら、「意図」正位置というカードがでた。

(こんなカードに頼るべきではない、って買うか迷ったんだけど、
紀伊国屋に行ったらあったので買いました)

私の今年の意図は

意味があるか、自分がより成長するかということで選ばないで、
できるだけ楽しそうなことをやりたい。


です。

あと、どんな瞬間、どんな出来事も楽しいって決められたらいいな。
もっとあーだったらこーだったら良かったと判断・ダメ出ししないで
楽しいと決める。
注意しないといけないのは、このことは成長につながる、
意味があるから良いという風にしないこと。。できるかにゃん?

夫が2月末に失業するので、その状態をどれだけ楽しく受け止めるかも
問われると思ってマス。

来年このブログを見直したとき、どうなってるかしら。。

スポンサーサイト
0

楽しく生きたいという執着**かなり危険**

日本にいるときは、自信がもてず足元がおぼつかない感じがしていたが、
ローマに帰ったら、ずっしりとして振り回されないという感覚になった。

理由はまったくわからない。
あの頼りなさはなんだったかしら???

ネットで調べて、より良いものを買おうという時点で、
自分を信じることができず、決定権を他人に委ねていたせいかなあ?

生きるのが楽しくなって欲しいという願いから、
それができない自分を何とかしたいという自己改造欲求が生まれ、
最優先事項になった。

いつの間に、友だちとのおしゃべりを楽しむとか
映画を楽しく見るとかいうことができなくなって、
ますます人生が不毛で、つまらないものになっていたので、
まず目の前の欲望を果たして行くことを、
当分やっていこうと思う。

まず、ピアノを弾きたいなあ。
ピアノも楽しみのために弾くってことに意味が見いだせなくてほったらかしていた。
買うと家のスペースを取るから、とりあえず友だちの家に通うかな。

生きるのが楽しくなって欲しいという執着は、
EFTとセドナメソッドでお空に帰ってもらおう。。。(うまく行くかな汗)

0

イタリアはミニマリストの国?

お正月は日本に帰っていたので久しぶりのブログ更新。

東京はローマより種類が多くてコストパフォーマンスがいいから、
下着、化粧品、文房具、裁縫用具、食品など色々買い物したけれど、
ほんとうに物が多い。

日本人って、あっいいな!とかこれないかしら?とか思ったら
何でもかんでも商品にするのかしら。。。

選択肢が多くてめまいがするような。。
エンパス体質って物からも影響を受けるのかな?
物の背景にある、願い、欲望、さらに言うと執着や価値観を
感じてしまうのか。。。
眩しいライトに照らされたたくさんのモノたちを見ていると、
回れ右して帰りたくなった。

ミニマリストっていう生活スタイルがはやっているみたいだけど、
イタリアや他のヨーロッパの国は、そんなに物が溢れていないから、
わざわざミニマリストになる必要はないと思う。

物もそうだけど、例えばイタリアではスポーツで言えばサッカーだけが
突出してメディアで取り上げられて、
オリンピックや他競技の大会は少ししか取り上げられない。
日本では例えば大きなスケートの大会は、羽生君とかいるし
見る・知っとくべきでしょって感じだと思うけど、
イタリアは世界チャンピオンがイタリア人でも盛り上げ方が小さい。

楽しみが減るともいえるけど、生活がシンプルになっていちいち振り回されない!

私のように自分がぐらぐらしている人間には丁度いいって、帰ってきたらホッとした。

日本の田舎だったらいいのかな?とも思ったけど、一応ローマは首都だし、
コンサートや展覧会も楽しめるけど質素ってとこがいい。。

日本に帰るたびに快適さに感激するときと、ストレスを感じる時とあるんだけど、
今回は後者でした。

あと自分の貧乏意識には困った。
必要なものだから買ったほうがいいとわかっていても、
罪悪感ってやつが拭えずつらかった。。

この罪悪感を感じてみると、どこから来ているかわからない大きな何かで、
自分で特定したり対処したりするのは難しそう。。

帰国前にそんなに楽しそうじゃないね、と言われたが
幸せとか楽しいとか自分次第だから、環境がどんなに良くても
だめな時は駄目なのよねえ。
昔パリに旅行したときもつらくて、過食がひどかった。
そういう時もある。というかそういう時のほうが多いかも。

今はそれも致し方ない、と自分を受け入れるようになった。
悲しいというか鬱々としてしまうが、自分を責めると、もっとこじらす。





該当の記事は見つかりませんでした。